人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毎日の事ですので・・

こんばんは。はっちゃんです。

あつ~あつ~・・あつーい!
ちょっと動いただけで体力を消耗するので、
この時期からの昼ねは欠かせません(ホント)

しかし、長男は土日と部活に行って
なお且つ今日は、長久手の図書館に併設されている桧ヶ根公園まで自転車で行き、
バスケの練習(遊び?)をしていたそうです。

元気だ~
若者よ~母はあっさりと外で遊ぶことを放棄します

毎日、夫の弁当を作っているのですが、
野菜中心のメニューでちょっと夫はガッカリな感じですが、
残すことなくちゃんと食べてきてくれています。

弁当作りのバイブルとして小林カツ代さんの”小林カツ代のおべんんとう決まった!”と
小林ケンタロウさんの”どーんと元気弁当”を使っています

愛情弁当風なときは前者の本。
ガッツリ弁当のときは後者の本とその時々に応じて参考にさせてもらっています
毎日の事ですので・・_b0134603_2162146.jpg

写真はある日の夫弁当ですが、
この時期、庭にインゲンがよく生っていたので摘んではおかずの一品に加えていました。
子供のおべんとうならここにドライフルーツの甘煮を添えるところですが
夫はデザート要らない派なのでそちらの工夫はありません(あしからず)
その料理法で私が気に入っているものを紹介いたしまっす

”にんじんときぬさやのインチキ煮”(ネーミングが~ちょっと・・・)
二人分の材料
 にんじん1/2本
 きぬさや50g
 揚げ油
 A(湯1/2cup薄口しょうゆ大さじ1/2)

 にんじんは一口大に切る
 (私は火の通りを考えて三等分くらいにしたにんじんを1センチ弱にスライスしています)
 きぬさやは筋を取る(我が家ではインゲン)
 
 ぬるめの油で先ににんじんを入れ竹串が通るくらいになったら
 きぬさやを入れてあげる

 小さめの容器にAを入れておいて野菜を揚げた端からどんどん入れて浸します

煮ていないのに煮物風に仕上がるからこの名前が付いたそうです
(彼女のレシピにはあそび心とどうしたら手早く美味しくできるかの工夫がされていて好きです)
薄口がなくて普通のしょうゆでもいいのですが、風味よくと思ったら是非、薄口で・・・

もう一品同じ材料で

”きぬさやとにんじんの甘煮”
 にんじん小1本
 きぬさや100g
 A(水適宜塩小さじ1/4強砂糖小さじ1~2)
 サラダ油小さじ1/2

 にんじんは1センチの輪切りきぬさやは筋をとる
 鍋ににんじんとAをくわえる(水は浸るくらい)
 ふたして中火で煮る
 柔らかくなったらきぬさやとサラダ油を加えてさっと煮る
 (インゲンはもっと早く加えて煮る)        

 お試しください。おしまい
by britbowl_3 | 2009-07-12 21:01 | 料理レシピ