<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんばんは。はっちゃんです。

そう、夏休み始まってこの方、眉間にしわの寄らない日の無いはっちゃんです。
宿題。息子達の・・・

八月早々から、私の実家にHome stayする予定なのに、
やる気の感じられないあの態度!

その宿題の一環として”読書感想文”なるものが存在するのですが、
お兄ちゃんには”宝島”を読ませようと(私もこの頃読んだ)思い立ち、
昔撮ったアニメの宝島を見せて、読みやすくしてやろうと画策しました。
(たぶんこちらは大丈夫でしょう)

このアニメを見ていたら、四半世紀前の
NHKで”マルコ・ポーロの冒険”という作品が思い出されて
(キャラクターデザインが同じ人)懐かしくなりました。

毎週一人で必死に見てました。

インターネットで調べたら、マスターテープが無くって
再放送はおろかDVDの発売も希望なしとか・・・
映像も良かったけれど音楽も秀逸でした。

担当は小椋桂氏で、このとき初めて名前を知りました。
せめてもと思い、CDを注文してしまいました。
早く来ないかな~。
(ちなみに宝島の音楽は今は亡き羽田健太郎氏です。
こちらも良いです)                おしまい。
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

ちょっとお休みをいただきまして、岐阜県付知でキャンプを張って参りました。
昼間はやはり暑くて、側の川で水遊び~気分でしたが、
日が落ちるとさすが、キャンプ場寒いくらいでした。(鳥肌立った)

ところで、今、Britに”あんすのジャム”を並べてもらっています。
是非、ご賞味ください。(宣伝)

そのジャムの副産物というべき”種”にも利用法があって・・・
(あ~これは言いたくないっっ!店長”T”の催促の手招きが・・・)
あんず酒が出来るのです。

現在漬けている最中なので、味のほうは後日ということで。
レシピです。

洗った種を乾燥させて種25粒につき、
ホワイトリカー400cc、氷砂糖100g弱でビンへ。
(梅酒のように氷砂糖が溶けたらいけるのだと思います。)

たのしみです。

他に種の中の白いところでシロップを作ると、
杏仁豆腐の素になるそうです。(今年はお酒どまりでした)

梅干しは中のところは食べていけないといいますが、
あんずは種もその中身も使えるのでびっくりです。
ちなみに、あんずの種は通販もされていて二度びっくりです。       おしまい。
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

今日も暑かったですね。私も冷や汗かきかきお仕事でした。(へへっ)

先日、息子を病院に連れて行ったときに読んだ雑誌に、
私の好きな料理研究家の有元葉子さんの娘のくるみさんの記事が載っていました。

そこには、やさいくずが集まったらブイヨンつくりますってあり、
これってBritの店長”T”がミズタニカレーを作るときにやってることじゃん。
と思って感心しました。

有元さんはトマトのへたも入れているそうなので、なんでもいけるのね~と
早速、やさいくずを袋に入れて保存しています。

溜まったらつくるぞ!
やさいもたくさん食べるぞ!      おしまい。
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

みなさんはそうめんや中華めんをゆでた後の”ゆで汁”ってどうしてますか?

食事後の洗い物に使っていますか?
熱いので汚れ落としにはもってこいですが、
私は時々、庭やコンクリートの間に生えている
頑固な草にかけて根を枯らしています。

晴れの日が続いて土が固くなっている時は草を抜くのも大変!
ですが、この方法はおすすめです。

しかし、くれぐれも大事にしている植物のそばにはかけないで!

今日の午前中、裏庭の草刈をしました。

ミントの生い茂る場所だったので蚊取り線香は必要なかったです。
まだるこっしい私の作業をみた近所のSさん
(自然と菜園を愛するおじさん。なかよし)が
年季のはいった”鎌”を呉れました。

ざっくざっく刈れて早くすませられました。感謝!
もう一度位キレイにしなくてはならないでしょうが、
My鎌でGOです。    おしまい。
[PR]
おはようございます。はっちゃんです。

週末近くなると、週替りのメニューでご存知の”Britプレート”のおかず探しに
奔走することになります。

その中で見つけたコネタです。
水だけで美味しいスープをつくるには、塩を火にかける前から入れるのがコツ。
肉のスープを作るときに、うまみは塩によって引き出されるということです。

同じように野菜やきのこを炒める時にも途中で塩を振るとよいとあります。
下味と同時に素材の味が引き出され、甘みや香りが強くなるそうです。

牛肉や鶏肉は炒めるときに砂糖を振るとにおいが消え、
やわらかくおいしくなるそうです。

調味料のタイミングって気になるけど、案外ぞんざいになってる気がします。
ちょっと知っておくとためになりますね。

                          おしまい。
[PR]
こんにちは。はっちゃんです。

今日は1日雨!見たいな事をいってましたが、現在晴れています。
気温が上がらないことを願うばかりです。
昨日も一昨日も暑かった!本当に。

昨日、息子のプールの送り迎えの待ち時間の際に
5月に観た「劇場版ー相棒」のパンフレットを開けて読みました。

このパンフ、茶封筒に入っていて、DON'T OPENって封印がしてあって、
映画を観終わってから開けて下さい、とあるんです。

驚きです。

だからという訳ではないのですが、
昨日初めて開封したというようなヘンな表現になってしまいました。

映画?もちろん面白かったです。

登場する人達が個性的でレギュラー・メンバーはもちろん、
テレビシリーズでも活躍した準メンバーもいて、
映画を観ながらその登場人物の関係した事件を思い出したりして・・・

DVD出たらほしいなと思っているところです。

相棒という作品は社会的な事件を取り扱うことが多いのですが、
劇場版はこの最たるものと言ってよいと思います。
「自己責任」:一時期流行った言葉ですが、軽々しく使うものでは無いと言う事と
自分の放った言葉による周囲への影響について考えさせられます。

良かったら観てみて! (相棒広報部・長久手方面担当 はっちゃんより)    おしまい。
[PR]
こんばんは。はっちやんです。

時々無性に食べたくなって作ってしまうのが、”胡麻豆腐”。

私は藤井宗哲さんのレシピで作ります。
精進料理のお膳で必ずといっていいほど、中心に置かれていて、
精進料理の主人公といっていいでしょう、と紹介してあります。

作り方は簡単!では、

材料:くず粉30g  練りゴマ(白でも黒でも)大さじ2  水250ml

1)くず粉・練りゴマ・水を合わせて漉す

2)漉したものを鍋に入れてよく混ぜ、火をつける。

3)初めは強火。くずが固まってきたら弱火にして、絶えずかき混ぜる。
  5~6分焦げないように。

4)水でぬらした流し缶(我が家では耐熱ガラスのパウンドケーキ型)に流します。

5)型の上にぬれ布巾を掛け、その上に氷をのせて冷やす。
  冷蔵庫で冷やすと風味が保てないとあります
  (私は荒熱が取れるまで隙間を空けてラップして冷蔵庫に入れてしまいます。
  良くない見本編。でもすぐに食べないので・・・)

食べる際に、切り分けて私は「わさび醤油」でいただきます。

残った練りゴマは胡麻和えはもちろん、プリンやゴマ汁粉にもなります。

ゴマっておいしいですよね!   おしまい。
[PR]