カテゴリ:料理レシピ( 32 )

こんばんは
はっちゃんです
朝さむ~ 昼過ごしやすい 夜さむ~の日が
続いています

皆さん如何お過ごしでしょうか?

我が家の食卓も温かいものがありがたく思えるメニューと
季節感のある献立が登場いたします

乾物けっこう好きで
買い置きをして
月末にお助け物として活躍してくれます

その一つとして”切干大根”
しょうゆ味の甘辛煮物もいいのですが
韓国風にいまはまっています

作り方は
切干      40g
干ししいたけ 2~3枚
人参      4cm
砂糖      大さじ1
ヤンニン    大さじ3~4
ごま油
しいたけの戻し汁1~1・1/2カップ

*ヤンニン: しょうゆ 50cc 
        ごま油 小さじ1~2 
        粉唐辛子 小さじ1
        みりん 小さじ2
        砂糖 小さじ1/2
        いりゴマ 大さじ2
        すりにんにく 小さじ1/2
        ねぎ 小口切り適量(使う分だけに入れてください
                    くたくたになるので)

  1)切干は戻して食べやすく切って絞る
    干ししいたけは戻して千切り
    人参千切り
  2)なべに多めのごま油を熱して
    干ししいたけ・人参を炒め
    なじんだら切干を加えて更によく炒める
    戻し汁を入れてひと煮立ちしたら
    火を弱めあくを取って
    砂糖とヤンニンを加え20分煮て
    でき上がり!!!

ちょっと辛くてご飯がいけます
いかが?
[PR]
こんつあ~ はっちゃんです

昨日は学校に行かなければいけなかった日なのに
行った先は病院でした(早口言葉ではない・・・)
軽い胃腸風邪と診断を受け寝ていました
皆さんもお気をつけください
幸いインフルエンザではなかったので良かった!!

是は元気なときの私の昼ごはん
b0134603_16394746.jpg

”チリメンじゃことカリカリ梅のスパ”

チリメン~はうちの冷蔵庫によく入っていて
おにぎりの具などによく利用されます
足の速い食品なので
サラダ油かごま油でカリカリにいためて
キッチンペーパーを敷いた容器で保存しています

カリカリ梅はふりかけコーナーに売っている
乾燥梅!(いい商品だと思います)
を茹でたてのスパと和えるだけ
コレだけ?これだけ

あとはちょっと醤油たらすか 
昆布茶があれば ささっと振っておしまい

いかがです?
[PR]
おはようございます。はっちゃんです

ここ数年風邪とは無縁の生活をしていたのですが
ついに長男から貰って引いてしまいました
あつうい日が続いていたので辛かったです

とよ子ちゃんが買ってくれたキウィでジャム作ってみました
長男が・・
b0134603_962097.jpg

最近、キウィフェアをよくやっているので
季節の反対であるニュージーランドは今が収穫期なのか?
旬なのか?
(日本は十二月くらいに一度収穫して熟成させながら食べますよね)

いがらし ろみさんのレシピを参考に作ってみました

材料
キウィ    300g
グラニュー糖 240g
レモン汁   1/2個

1:キウィは皮をむいて、半量つぶし、残りは四つ割り2mm幅に切る

2:鍋に材料全部入れて強めの中火絶えずかき混ぜながら煮る
  (アクをとりながら)
3:沸騰したらそのままの火加減で更に2~3分煮る
  アクが出なくなって、泡にツヤがでてきたら火を止める

我家はゴールドキウィで作ったら甘すぎました
(ゴールドの場合は砂糖を控える事をオススメします)
ヨーグルトに入れて食感も楽しみながら頂いています

    是非お試しあれ!おしまい
[PR]
こんにちは。はっちゃんです

沖縄の話題ですが・・居酒屋に行ったときに
こんなメニューを見つけて頼んでみました

原材料のあっさりとは裏腹のボリュームのおかずでした

それは”アーサの天ぷら”!!(あおさのりをこう呼ぶ)
ふゅにゅふゅにゅしたものをどのように?と思っていたら
ごぼうやにんじんなどと一緒にかき揚げ状になったものでした
やっぱりまんまじゃ・・ムリですね

我が家では沖縄のスーパーで買った海産物の中から
もずくを使った天ぷら(袋の裏書にあったので)を
早速試してみました

この”干しモズク”にもちょっとびっくりしましたが、
生でしか食べれないと思っていたので・・・・
戻すとやっぱりあの見慣れたモズクになるのです

一袋全部戻してしまったので、初日はもずく酢、二日目はもずくスープ
そして天ぷらにしました
それぞれたっぷり!!
(乾物恐るべし・・乾物を戻すときにはもっと注意力を養いましょう)
b0134603_20374274.jpg

ちなみに圧縮麩は二回分のフーチャンプルーになりました

もずくスープは
ねぎのみじん切りを油をひいたお鍋で軽く炒め
香りが出たら鶏がらスープを注ぎます

温まったら、もずくをざく切りにしたものを加えて更に加熱
塩とこしょうで味付けして(ちょっと濃い目)

水溶き片栗で軽くとろみをつけます
更に沸騰したら、溶いた卵を細ーく流しいれ
かきたま汁にします

仕上げにごま油をたらして出来上がり
(長男はごま油を特に気に入ってます)
b0134603_20382845.jpg

次に天ぷらのコツは
モズクに小麦粉をまぶして、
ほかの材料(人参・ごぼうなど きぬさややインゲンもあるときれいかも)
と混ぜ衣とあわせる点です

お試しあれ!  おしまい
[PR]
おはようございます。はっちゃんです

2月もあと残すところわずかとなりました
なんとなく春を感じてみたり
いいやまだ寒い!!!と思ってみたり
気持ちが忙しいです

長男の期末試験が終わりを告げ
3年生の母達からは受験の苦労話等聞くにつれ
息子の私の将来が・・心配だ~
(うそ!土壇場にならないと分からないでしょうたぶん・・)

我家はお豆が好きで大豆は炒り豆にしておくと
子供達がぽりぽり食べます
(市販の炒り豆のように軽い歯ごたえではないのですが・・
何か秘訣がありのでしょうか?うちのは固いです)

缶詰になっているドライパックの物も煮物などに使うので買ってあります
そのドライパックで混ぜご飯を一つ

<大豆じゃこごはん>

 フライパンにごま油と大豆缶詰・ちりめんじゃこをいためる

 醤油少々で味付けをしてご飯と混ぜる

 薬味ねぎを小口切りにして散らす
(この時ねぎなかったので青海苔を出動させました)
b0134603_8442963.jpg

青みがあるときれいです
お試しあれ  おしまい
[PR]
おはようございます。はっちゃんです。

リコちゃんのフレッシュな記事の助けを借りてのほほんとしていましたが、
このひと月の分まとめてご報告させていただきます

まず、”おにぎり”ネタ!
丁度夕飯にてんぷらをして余った衣を油の中に入れて
菜ばしでかき混ぜたら美味しそうな「天かす」が出来ました
b0134603_8244668.jpg

天かすは普段市販の物を冷凍庫で常備しているのですが
(焼きそば・焼きうどん・お好み焼き用に)

ゆるめのちょうど良い衣だったので挑戦してみました
キッチンペーパーを敷いた容器に入れておいて油が切れたら、
おかかと醤油を足して具材の出来上がり!
あったかご飯に混ぜるだけ~
(サブちゃんのすし太郎風に・・古い・・古い・
読んでいて分からない人は35歳以上の人に聞いてください
たぶん歌えると思う)

写真では分かりにくいのですが、
ここ最近のヒットです

次は”行楽”ネタ
今年も行きました香嵐渓の紅葉狩り!
いつもは渋滞にはまらない時間に出ていたのですが、
この日は7時出発になり

もう少しと言うところでノロノロ運転に・・
あ~やばいと思っていましたが何とか、
中学の駐車場に入れてよかったと胸をなでおろしました(おおげさ!!)

テレビの中継車も来ていて
やはりすごい人出でした

ここでの楽しみは「さるまわし」と「暖かいもの」
ジジ工房のソーセージ・中国人が作る刀削麺・そしてお饅頭・・
(きりがない)
この日のお土産は「柿巻き」干し柿を巻いたものですが
薄く切って食べるとほんのりやさしい甘さで嬉しくなる一品です
b0134603_8253115.jpg

そして最後は”豆腐”
いわずと知れた豆乳とにがりのコラボ商品!

ボウルとレンジでお手軽豆腐
無調整豆乳180gに対しにがり9cc強加えて混ぜ
ラップ(数箇所穴をあける 我が家はレンジ蓋に穴が開いているので
それを利用しています)
レンジ500w2~3分
ほかほかの出来立て豆腐がいただけます!
b0134603_826216.jpg

お試しあれ
         おしまい
[PR]
おはようございます。はっちゃんです。

今年は夏が短かったので残暑がその分きついとか・・
つらい・・本当に

暑いのも寒いのも苦手です
(変温動物だから・・ウソ)

ちょっと前にラグーナ蒲郡に遊びに行って
ついでに海産物を中心に買い物もしましたb0134603_8171115.jpg

その中のマイ・ヒット商品がタコの干物!
ひと月くらい前に”きょうの料理”で
明石の干しタコを使ってタコ飯を作っていたのを
思い出して挑戦しようと購入しました

材料の目安は
干しタコ100g
米5合
醤油小さじ1
塩大さじ1
みりん小さじ2
(私は酒も大さじ1くらい入れました)

作り方は簡単で
干しタコをはさみで1センチくらいに切り
水で戻し(戻した汁はお米をたくときに使います)

お釜に調味料と戻したタコを入れて
戻し汁も入れ
普通の水加減にして炊きます

これだけ?そう、これだけ

仕上げに針しょうがを混ぜ込んでも
夏らしいご飯になります

おいしいです おためしあれ!
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

あつ~あつ~・・あつーい!
ちょっと動いただけで体力を消耗するので、
この時期からの昼ねは欠かせません(ホント)

しかし、長男は土日と部活に行って
なお且つ今日は、長久手の図書館に併設されている桧ヶ根公園まで自転車で行き、
バスケの練習(遊び?)をしていたそうです。

元気だ~
若者よ~母はあっさりと外で遊ぶことを放棄します

毎日、夫の弁当を作っているのですが、
野菜中心のメニューでちょっと夫はガッカリな感じですが、
残すことなくちゃんと食べてきてくれています。

弁当作りのバイブルとして小林カツ代さんの”小林カツ代のおべんんとう決まった!”と
小林ケンタロウさんの”どーんと元気弁当”を使っています

愛情弁当風なときは前者の本。
ガッツリ弁当のときは後者の本とその時々に応じて参考にさせてもらっています
b0134603_2162146.jpg

写真はある日の夫弁当ですが、
この時期、庭にインゲンがよく生っていたので摘んではおかずの一品に加えていました。
子供のおべんとうならここにドライフルーツの甘煮を添えるところですが
夫はデザート要らない派なのでそちらの工夫はありません(あしからず)
その料理法で私が気に入っているものを紹介いたしまっす

”にんじんときぬさやのインチキ煮”(ネーミングが~ちょっと・・・)
二人分の材料
 にんじん1/2本
 きぬさや50g
 揚げ油
 A(湯1/2cup薄口しょうゆ大さじ1/2)

 にんじんは一口大に切る
 (私は火の通りを考えて三等分くらいにしたにんじんを1センチ弱にスライスしています)
 きぬさやは筋を取る(我が家ではインゲン)
 
 ぬるめの油で先ににんじんを入れ竹串が通るくらいになったら
 きぬさやを入れてあげる

 小さめの容器にAを入れておいて野菜を揚げた端からどんどん入れて浸します

煮ていないのに煮物風に仕上がるからこの名前が付いたそうです
(彼女のレシピにはあそび心とどうしたら手早く美味しくできるかの工夫がされていて好きです)
薄口がなくて普通のしょうゆでもいいのですが、風味よくと思ったら是非、薄口で・・・

もう一品同じ材料で

”きぬさやとにんじんの甘煮”
 にんじん小1本
 きぬさや100g
 A(水適宜塩小さじ1/4強砂糖小さじ1~2)
 サラダ油小さじ1/2

 にんじんは1センチの輪切りきぬさやは筋をとる
 鍋ににんじんとAをくわえる(水は浸るくらい)
 ふたして中火で煮る
 柔らかくなったらきぬさやとサラダ油を加えてさっと煮る
 (インゲンはもっと早く加えて煮る)        

 お試しください。おしまい
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

ここ1週間ほど我が家のラズベリーが
ルビー色のきれいな実をつけるので、
毎朝、天気の良い日に収穫しています。

去年までは、手で間に合っていたのですが、
今年はちいさめのザル持参です。

収穫したら、冷凍して保存しておきます。
結実がひと段落した頃、ジャムにする予定です。

私は、ラズベリーだけのジャムは
"ST.DALFOUR"(サンダルフォー)にお任せして
(美味しいんです。ここのジャム!!)
冷凍のブルーベリーとあわせて”ダブルベリージャム”をつくります。

分量の目安は私のジャムのバイブル桑原奈津子さんの「あまいびんの本」から、

 *ベリーの重量の30%のグラニュー糖(私はお砂糖でも)と
  500gで大さじ1のレモン汁をまぶして3時間以上おきます。
 *初めは強火で煮立ったら中火で30分くらい煮る(アクを取り除きながら)
  へらで混ぜたときになべ底が見えるくらいが目安
 *すぐに消毒したびんに詰めてふたして脱気します
 *自家製なのでお好みの甘さ・とろみ加減に出来ます

私はお菓子を作る時に砂糖を控えめに入れるほうですが、
ジャムに関しては保存性も考えて減らしません

消費の仕方の早い方は控えてお菓子のように食べていただいてもよいかと・・・・
フレッシュな果物は何してもおいしいです。お試しあれ!    
b0134603_20563859.jpg
おしまい
[PR]
こんばんは。はっちゃんです。

今日も暑かったです。天気予報通りでした。
それで、長男と午前中に覚王山に行ってきました
(テスト週間なので、ほかの家族はおじいちゃん家に行ってました)

紅茶が切れたのとリフレッシュも兼ねて・・・
一度行ってみたかったんです。”日泰寺”

広々していいところですね。
えいこく屋で買い物と食事をし、雑貨屋めぐりをし、
もっと散歩したかったのですが、暑くて早く帰ってきました。
楽しかったです。
長男に母の日だからとお菓子の代金を支払ってもらいました。
(ちなみに次男は花の苗をくれました)

夕飯に”マスターマヨネーズ”でグラタンをつくりました。
大人のマヨネーズソースで味噌・ハーブ・スパイスでアレンジできるそうです。
今回マスタードがなかったので、粒マスタードでつくりました。

材料:卵黄1個分
    A(塩小匙1/2砂糖・酢小匙1)
    サラダ油大さじ5
    酢大さじ1強
    マスタード大さじ2強
    玉ねぎ(みじん)大さじ2

1)ボールに卵黄とAを入れてよく混ぜる
2)次にサラダ油を少しずつ加えてよく混ぜる
3)最後にマスタードと玉ねぎをまぜる(冷蔵庫で約2週間保存可)

マスターポテトグラタン(4人分)
    ジャガイモ(中)4個
    ベーコン3枚
    マスターマヨ大さじ3
    ピザ用チーズ

1)ラップでくるんでレンジで柔らかくしたジャガイモを一口大に切る
2)ベーコンは1.5cm角に切る
3)ボールにジャガイモ・ベーコン・マヨソース・塩コショウして混ぜる
  耐熱容器に入れて、チーズのせて焦げ目がつくまで焼きます。

私はパセリを振りました。
マスタードの酸味がよくって美味しかったです。
ソースは量が多くても大丈夫です。お試しあれ!おしまい
[PR]